ルテインサプリ効果比較ラボ

眼

瞳の健康に関心がある人なら、ルテインという名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

ルテインサプリ効果比較ラボでは、そんな「目のあらゆる症状に良い」とされているルテインの効果効能や、数多く販売されているルテインサプリメントの比較、摂取量や副作用などについて紹介しています。

このページの目次

体の中では作れない!ルテインとはどんなもの?

マリーゴールド

ルテインは、カロテノイドという天然色素の一つで、マリーゴールドの花や緑黄色野菜や卵黄、動物脂肪などに含まれています。

ルテインは、網膜の中の黄斑部に存在しているので、これを補給する事で目の健康に役立つ事が知られていますが、他にも皮膚や乳房、子宮頚部、大腸などにも存在しています。
しかし、ルテインは体内で合成することが出来ないので、食事やサプリメントなどから摂取しないとどんどん減少してしまうのです。

 

ルテインの効果・効能

ブルーライト

ルテインには青色光を吸収する働きと、高い抗酸化作用があります。

青色光はパソコンやスマートフォンなどから発せられる光で、現代人が目を悪くしやすいのは、これらを多用するようになったからだ、とも言われています。
ルテインはその目にダメージを与える青色光を吸収して、目を守ってくれるのです。
また、目に負担がかかった時に発生する活性酸素は細胞を老化させてしまいますが、ルテインの抗酸化作用には活性酸素を除去する力があり、老眼などの予防にも役立ちます。(老眼回復予防についてはこちら)
この高い抗酸化力は、目だけでなく体にも効果があり、肌の老化防止に役立つなどルテインのサプリメントは美容にも効果的だと言われています。

 

ルテインの一日摂取目安量は?

パセリ

ルテインは、一日に6〜10rを摂取するといいと言われています。

ルテインは緑黄色野菜や卵黄などに含まれていますが、ルテインは脂溶性物質なので、油で調理すると効率よく体内に吸収できるでしょう。
とは言っても、緑黄色野菜にもそれほど多くのルテインが含まれているわけではありません。
パセリには100g中に10rのルテインが含まれていますが、他の野菜からルテインを十分な量摂取するにはほうれん草で4.4株、ニンジンなら13本などかなり難しいと思われます。
ですから、サプリメントを利用した方が確実にルテインを摂取できるでしょう。

ルテインサプリメント10種類ランキング1位〜5位

上記のルテイン必要摂取量などを踏まえて、様々な会社から数多く販売されているルテインサプリメント10種類を比較しランキング形式で紹介してみました!
老眼サプリ比較ランキングさんも参考にさせて頂きました。

 

めなり

めなりの特徴

さくらの森のめなりには、ルテインが業界でもトップクラスの12rも配合されています。一日に必要なルテインの量は6〜10rと言われていますから、 これだけで十分な量を摂ることが出来ます。ルテインには過剰摂取の心配もありませんから、これだけ入っていれば安心ですね。ルテインにはパソコンやスマートフォンから出る、目に悪い影響を与えるブルーライトから瞳を守ってくれる力がありますから、めなりを飲んだ人の多くはその効果に満足しています。他にもゼアキサンチンやアスタキサンチンといった目に良い影響を与える成分が含まれていますから、相乗効果で瞳の健康を守ってくれるのです。

価格 評価
初回908円 評価5
めなりの総評
  • ルテイン12mg
  • ビルベリー170mg
  • ゼアキサンチン2.4mg
  • アスタキサンチン1mg

の黄金配合比率で目の奥までしっかり届く!

公式サイトはこちら

 

アスタキサンチン アイ&アイ

アスタキサンチン アイ&アイの特徴

アスタキサンチンアイ&アイには、ルテインの他にビタミンEの1000倍の抗酸化力を持つと言われるアスタキサンチン、ブルーベリーの5倍のアントシアニンを含むビルベリー、血流を良くするイチョウ葉、目の疲れを取るカシス、サラサラ成分のDHA、潤いを保つ鮭コンドロイチンといった7つの成分が入っていて、視界をクリアにしてくれます。各成分の配合量は分かりませんが、入っている成分を見ただけでも効果が期待できますね。抗酸化力の強い成分がたくさん入っていますから、老眼などの目のトラブルだけでなく、美肌効果なども期待できます。

価格 評価 備考
初回1000円 評価45
アスタキサンチン アイ&アイの総評
    • ルテイン10mg
    • ビルベリー15mg
    • アスタキサンチン20mg

    他のサプリには類の無いほどのアスタキサンチンの多さ!

公式サイトはこちら

 

朝のルテイン&プラセンタ

朝のルテイン&プラセンタの特徴

朝のルテイン&プラセンタには一日分にルテインが40rという他のサプリメントを凌駕するほどの量が入っています。一日に必要なルテインは6〜10rですから過剰摂取が心配になりますが、ルテインは体重×2rを一日に摂取しても問題ないという見解が発表されていますから、心配ありません。朝のルテイン&プラセンタはマンゴー味のゼリータイプになっていますから、食べるのを楽しみながら目のケアが出来ます。カロリーも36kcalしかないので、太る心配もありません。さらにルテインの力をサポートしてくれるプラセンタも入っていますから、アイケアと美容の両方に効果的なのです。

価格 評価 備考
定期便7,840円 評価4
朝のルテイン&プラセンタの総評
  • ルテイン40mg
  • アスタキサンチン3mg
  • プラセンタエキス

おやつとしてもGOOD!

公式サイトはこちら

 

めばえ

めばえの特徴

やわたの機能性表示食品、めばえは目に有害な紫外線やブルーライトなどの光の刺激から目を守ってくれたり、コントラスト感度を改善する事によって目の調子を整えてくれたりする効果のあるサプリメントです。ルテインが1粒に20rも配合されているので、高い効果が期待できます。コントラスト感度とは、色の濃淡を識別する力の事で、これが低下すると物がぼやけて見える、という状態になりますが、20rものルテインがそれを防いでくれます。その他にもゼアキサンチンやアスタキサンチン、リコピン、イチョウ葉、ビタミンEといった目に優しい成分がたくさん入っていますから、目が疲れやすい方におすすめです。1日1粒と飲みやすいのも嬉しいところですね。

価格 評価 備考
1,728円 評価4
めばえの総評
  • ルテイン20mg
  • アスタキサンチン少量
公式サイトはこちら

 

ブルーベリー&ルテイン

ブルーベリー&ルテインの特徴

リフレのブルーベリー&ルテインにはルテインが6rとビルベリー由来のアントシアニンが40r入っています。ルテインの量は他のサプリメントと比べると多くはありませんが、目の健康を維持するには十分な量です。一緒に摂る事を推奨されているアントシアニンとの相乗効果が期待できるので、パソコンやスマートフォンなどを長時間使うことで疲れた目をスッキリさせてくれます。

価格 評価 備考
1,535円 評価5
ブルーベリー&ルテインの総評
  • ルテイン6mg
  • アントシアニン40mg
公式サイトはこちら

 

>6位〜10位はこちら

ベスト5のルテインサプリメントを比較!<価格・成分>

めなり アスタキサンチンアイ&アイ 朝のルテイン&プラセンタ めばえ ブルーベリー&ルテイン
通常価格 3,980円 2,160円 9,800円 1,728円 1,706円
初回価格 908円
good
1000円
定期便価格 2,985円
good
1,555円 7,840円 1,535円
ビルベリー量 170mg
good
15mg × × 40mg
ルテイン量 12mg 10mg 40mg
good
20mg 6mg
ゼアキサンチン量 2.4mg
good
× 3mg
good
× ×
アスタキサンチン量 1mg 20mg
good
× 少量 ×
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

 

比較ポイント

価格は「朝のルテイン&プラセンタ」がルテイン量が非常に多いため、価格も他のサプリに比べてかなり割高となっていますね。
その他は同じような価格帯のサプリが多いですが、ランキング1位のめなりは初めての方は初回限定で908円で購入出来るのでかなりお得だと思います。
また、定期便だと6ヶ月縛りというものが多い中、「めなり」はいつでも解約可能なので安心して試す事ができますよね。

 

ルテイン量は「朝のルテイン&プラセンタ」が圧倒的に多いですが、次いで多いのが4位の「めばえ」というサプリです。
こちらはルテイン以外の成分はあまり多く入っていないのでこの順位となりました。

 

1位のめなりはルテインが1日に必要な目安量を摂取出来るだけでなく、ビルベリー、ゼアキサンチン、アスタキサンチンと目の症状に効果的な成分がしっかり網羅されており、かつ試しやすい価格というところから、1位となりました!

ルテインサプリメントには副作用ってある?

ルテインには眼病予防や抗酸化などの効果がありますが、食事だけではなかなか必要量を摂取するのが難しい成分です。
その為、上記のようなルテインサプリメントでルテインを補給するのは効果的と考えられています。
ですが、そのような摂取方法で副作用などはないのかと不安に思う人もいるでしょう。
ルテインサプリメントの副作用について紹介します。

 

ルテインには天然の物と合成の物がある

マリーゴールド

ルテインのサプリメントに使われているルテインには、天然の物と合成の物があります。

天然の物はマリーゴールドの花弁などから抽出されており、合成の物は石油を原料に化学的に合成することで作られています。
同じようにルテインのサプリメントとして売られていても、このような違いがあるのです。

 

天然のルテインは安全

ルテインは普段の食事から摂取する事も出来ます。
そのような天然のルテインの場合、副作用の問題はありません。
天然のルテインであれば、サプリメントからの摂取でも問題はないのです。
ルテインは一日6〜10rの摂取が推奨されていますが、35rのルテインを一週間摂取し続けても副作用などの問題はないという実験結果が厚生労働省基礎研究班によって発表されています。
もちろん、これを超えるほど大量に、そして長期的に摂取した場合は、何の影響もないとは言い切れませんが、多少の過剰摂取ぐらいでは天然のルテインを使用しているサプリメントに副作用のリスクはないのです。

 

合成ルテインの副作用は?

サプリ

合成ルテインは、石油を原料にして作られます。

この時点で体にあまり良いとは思えませんよね。
実際に合成ルテインを摂取した場合は、目のかゆみや腫れ、咳、胸やけといった症状が出る可能性があるという指摘がなされています。
これらの副作用は、お酒を飲んだりタバコを吸ったりする人の場合、発生する確率が高まるとも言われています。
そのうえ、喫煙者が合成ルテインを摂取すると、肺がんのリスクが高まるという報告もあるのです。
ルテインのサプリメントを選ぶ際には、天然のルテインを使用したものを選ぶようにしましょう。
当サイトで紹介しているサプリメントはすべて天然のルテインを配合したサプリメントなので安心して飲む事が出来ます。

ルテインはこんな目の病気や症状に効果がある!

疲れ目(眼精疲労)

現代人はパソコン画面を長時間見続けるなど、目を酷使する傾向にあります。
そのため、疲れ目に悩んでいる人も増えているのですが、ルテインには目の疲れを軽減させる効果があります。
ルテインはパソコンなどのブルーライトを吸収して目の疲れを軽減してくれますし、高い抗酸化力で目に発生した活性酸素を除去して細胞の老化を抑えてくれるのです。

 

ルテインと白内障

白内障は、目のレンズに当たる水晶体が白く濁って視力が低下する病気です。
この水晶体の濁りは活性酸素によって引き起こされます。
若いうちは活性酸素を除去する力、抗酸化力が高いので白内障にはなりにくいのですが、加齢に伴って白内障になる人が増えていきます。
早ければ40歳代から症状が出る人もおられます。
ルテインの高い抗酸化力は、水晶体の活性酸素も除去して白内障の予防・改善に役立つのです。
この効果については、1992年にハーバード大学で行われた、ルテインを多く摂取したグループと摂取していないグループ、500人を8年間追跡して調べるという実験で、白内障発症率がルテインを摂取していたグループの方が50%低いという結果が出ています。

 

ルテインと加齢黄斑変性

黄斑とは、網膜の中心部にある直径1.5o〜2oほどの小さな部分で、視力に大きな影響を与える部分です。
年齢を重ねると、網膜の上下に老廃物が溜まってきて中心にある黄斑部にも直接的、間接的に影響を与え、物がゆがんで見えたり、遠近感がつかめなくなったりすることがあります。
これが加齢黄斑変性です。
これも黄斑部の老化現象が原因だと考えられているので、抗酸化力の高いルテインが効果的なのです。
この効果についても、ルテインとゼアキサンチンを摂取していた人と摂取していない人を比較して、ルテインを摂取していた人の方が加齢黄斑変性の発症リスクが低かったという実験結果が出ています。

さいごに

ルテインは、下記の記事にある通り、食品から必要な摂取量を摂ることが非常に難しいのにも関わらず、体にとって非常に重要な成分となります。
>ルテインが多く含まれる食品・食べ物を教えて!
毎日酷使する目の健康のためにぜひ、サプリメントで補ってあげてください。