ルテインで緑内障は治るの?緑内障の原因と症状への効果

 

緑内障にかかる人は年々増えていて、今では40歳以上の人の17人に1人がかかっている恐れがあると言われています。
この緑内障にルテインは効果があるのでしょうか。

 

緑内障とは

 

圧迫

 

緑内障は、目の中の圧力が強すぎて眼球の後ろにある視神経を圧迫して障害を起こし、網膜に映った情報が脳に正しく伝達されなくなって視野が狭くなっていく病気です。
視神経は一度傷ついてしまうと二度と元に戻る事はありません。
ですから、緑内障を改善する事は不可能で、進行を止めることしか出来ないのです。
そのため、早期に発見することが重要になりますが、片方の視野が欠けても両眼で見ていると気付きにくく、視野が60%欠けるまで気づかない場合もあります。
緑内障を放置すると失明する危険もあるため、定期的に目の検診を受けることが必要なのです。

 

緑内障の見え方

緑内障の見え方

 

(引用:http://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/library/glaucoma/)

 

緑内障の原因

 

狭い

 

緑内障は眼圧が上がる事で起こります。
その原因として、隅角が狭くなる事が挙げられます。
隅角とは、目の中の房水という栄養素を運ぶ液体を外に排出するところで、ここが狭くなったり目詰まりを起こしたりすると房水が排出されずに眼圧が高くなってしまうのです。
眼圧の正常範囲は、10〜21mmhgですが、最近では視神経が弱かったり、生まれつき眼圧が低かったりする人が多く、眼圧が正常範囲でも緑内障になる人が増えています。
ほとんどの人がその正確な原因が分からないのが現状ですが、眼圧を下げる事が必要なのは変わりありません。

 

ルテインと緑内障

 

緑内障は原因が分からない事が多く、まだ研究も進んでいません。
ですから、ルテインの緑内障に対する効果も詳しくは分かっていないのです。

 

ですが、ルテインの強力な抗酸化力が網膜や視神経の組織を活性化し、細胞の新陳代謝を促すことで房水の排出異常を正常化し、眼圧を下げる効果があるのではないか、と考える人もいます。

 

実際にルテインを摂取することで眼圧が下がったという例も多数報告されています。
今後の研究が俟たれますが、緑内障で悩んでいる人はルテインを摂っても損はないでしょう。

 

目に良いサプリとして、ルテインが配合されているサプリは多いので、ぜひ探してみてはいかがでしょうか。
当サイトでも10種類のルテインサプリメントを比較していますので、サプリでルテインを補いたい方は下記も参考になさって下さい。

ルテインサプリランキング!10種類のルテインサプリを比較